求人の仕事内容に偏見を持つ方へ

福島県というと原発のイメージが色濃くあり、福島で働くというと被曝を心配する人が多いのは事実です。風評というのは、遠く離れれば離れるほど酷くなるということは脳科学的に明らかにされていることであり、現場から遠く離れている人ほどパニックに陥りやすいともいわれています。冷静に考えてみれば、県民全ての人が原発関連の仕事をしているわけではなく、さまざまな職種があり仕事内容は他県となんら変わりはありません。教育機関や行政機関、そして一般企業も通常に機能しています。県の人口はおよそ200万人で避難区域の人でない限り普通に生活しています。確かに原発関連の求職もありますが、専門的な知識が必要になる特殊な仕事ですから、誰でも簡単に就ける仕事ではありません。県内の一般的な求人には、他県の人が心配するような内容の仕事はありません!全国的に見ても特に求人数が多い訳ではなく、少ない訳でもないので、一般的な求人数を保っています。このような風評が背景にありますので、逆に待遇の良い仕事を見付けられる確立は高くなっているかもしれません。